HOME > 自己処理の危険性

自己処理の危険性

脱毛

ここでは、自分で無駄毛を処理する方法とそれに伴うリスクにどのようなものがあるかご紹介します
毛抜き
一番危険な自己処理の方法になります。手軽にできるというメリットはありますが、一本一本抜かないといけないので、時間も体力も使います。
毛を抜くことから、次の毛が生えてくるまでの期間は他よりは長くなります。
肌のダメージとしては、強引に毛を抜くので、埋没毛や色素沈着、黒ずみなど引き起こす可能性があります。
毛抜きをした後の肌から細菌などが入ってくるので、どうしても毛抜きをしたいのであれば、処理後に消毒をすることをお勧めします。

カミソリ
一番一般的な方法です。毛抜きと比べると楽に処理ができますが、その分無駄毛が生えてくるスピードは早くなります。自己処理の中では、一番多くの部位の脱毛ができますが、背中など、手が届かない所などは皮膚科などで全身脱毛をするのがお勧めです。
カミソリの刃が無駄毛の処理と同時に皮膚の角質まで剃ってしまうため、肌に与えるダメージは少なくありません。また、毛が生えている向きと反対の方向で処理をすることで、カミソリ負けが発生したり、炎症、黒ずみになる可能性もあります。

脱毛クリーム
クリームを塗って化学剤で毛を溶かして洗い流す方法です。
痛みがなく手軽に脱毛することができますが、毛根までは処理できないため、こまめに使用する必要があります。
多くの種類のものが売られているので、効果などはまちまちです。
化学的なものを使っている為、肌トラブルの原因にもなるので、肌の弱い人は特に注意する必要があります。

長期に渡って自己処理をしている肌は知らない間にダメージを蓄積している可能性が高いです。埋没毛や色素沈着、黒ずみ、肌荒れなどが起きる前に時間とお金があるならば、皮膚科での全身脱毛をすることをオススメします。

各院案内

  • 渋谷院
  • 新宿院
  • 池袋院
  • 銀座院
  • 梅田院
  • 心斎橋院開院予定